「穴」

2月ラストを飾るブログ担当者は音響さんだ〜〜

テーマは引き続き昨日と同じ!(何なら始めから同じ)「穴」でお願いします!

それではどうぞ!

——————————————————————————————————-

こんにちは。(こんばんは?)今回の公演で音響を担当している齋藤です。

今回のブログテーマは「穴」ということらしいです。穴、この言葉にみなさんはどのようなイメージを持つでしょうか。

光が届かず、自分では見通せない深さを持っている、自分にとってはどうしてもそんなイメージが先行してきます。

そんな仄暗い穴の中、光届かず先が見通せないという穴のイメージは自ら身を投じてみないとその穴の真髄を見通すことはできない、そうもとれると自分は思います。

この真髄、本質の見抜きにくさのようなものは、身の回りのあらゆる物事にもある意味当てはまるのではないでしょうか。

外から見ていると本質は見抜けず、一度入ると抜け出すのには大きな労力を必要とする。そういう意味では全ての物事は「穴」である、と捉えることもできるのではないかと自分は思います。

そんな自分にとっての「穴」とも言える演劇活動を始めてもう2年になり、執行代としては今回の公演を持って引退することになるようです。

2年間程度でその真髄を見通せたなんて大言を叩くようなことは自分には出来ませんが、この「穴」に身を投じたことで新しく見えてきたこと、感じられたことは様々あったように思います。

そんな演劇という「穴」に同じく身を投じた同じ穴の狢とも言えるメンバーと創った公演です。

もしお時間が許すようであればみなさんも観劇という「穴」に身を投じてみてはいかがでしょうか。

下北沢にてお待ちしております。

——————————————————————————————————–

2月も終わってしまいます!2月割も残りあと2時間半程で終わってしまいます!

今ならまだ間に合います!

ぜひご予約下さい。以下詳細です。

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名

「底なし穴」

脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

「なんでだろう」

ブログ第八弾!次なる担当は美術さんだ〜〜 テーマは「穴」!それではどうぞ!

——————————————————————————————————-

春公演では美術をしております、加藤真央と申します! 私は犬が大好きです!以前1匹、現在2匹の犬を実家で飼っています。しかし気になることがあるのです。 犬たちは絶対に道端のあみあみのドブのふたの上を歩かないのです!飼い犬は中型犬なので、あの穴にはまるような足のサイズでもないし、水が大好きでも上を歩こうとしません。私はなんとかしてあみあみの上を歩かせたい!と思い、端に追いやったり、匂いに夢中になっている隙をねらってぐいっと引っ張ってみたりしてきたのですが、めちゃめちゃうまいこと避けるのです! なんでだろ〜う 本能的なもの?ああいう形の穴にトラウマがあるのだろうか? 誰か知っている人がいたら教えてください!

——————————————————————————————————–

道ばたの穴に対し恐怖心を抱くのはもしかしたら誰しも共通なのかもしれません。 気になることも皆さん共通だったりしますよね!ということで、気になる情報、えんとろ春公演のお知らせです。 なんと早いもので本日で2月も終わってしまいます。 そして2月も節目ということで、今月2月中に予約して頂いた方は100円引きをさせて頂きます! 劇団EnTRoPy一同、皆様のご予約お待ちしております。以下詳細です。

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名

「底なし穴」

脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

それでは、お待ちしてます!ご予約はお早めに!!!!

「穴があったら入りたい」

ブログ第七弾!

次なる担当者は照明さんです。えんとろの照明と言えばこの人、と言われる程のベテランだ〜

それではどうぞ!

——————————————————————————————————–

「穴があったら入りたい。」
そんな心情を経験することが誰しもあると思います。
最近の私は「穴があったら入りたい」経験が非常に多いように感じます。
そんなわけで早速本日起こった穴があれば入りたかったことを。
「AM9:00ごろ」
朝一の宅配便を受け取りにマンションの一階に降りて宅配物を受け取る。

業者さんと「あー、それここ置いといてください」「サイン書きますね」
などとやり取りしている途中で痛恨のミス。
エントランスのオートロックを完全に失念する。

寒空の中、朝一にして鍵を忘れてマンションから締め出される。
(ケータイも家に忘れました。)

穴があれば、いやむしろ鍵があればさっさと中に入りたかったんですが、
忘れてしまったことはしょうがなく、どうしようもないので

駐輪場の屋根によじ登り、柵を越え二階へ上がることでなんとかオートロックを突破する。
(※散歩中の犬に吠えられたりしました。)
小学生が秘密基地感覚で住居侵入しているのとはわけが違います。
大学生、しかも三回生がマンションの塀をよじ登る姿はさぞ滑稽だったでしょう。

私もそう思います。
なんであさ9:00から自分の家の塀を登らなきゃいけないんだと。
しかしこんな経験からもわかったこともあります。
どんな経験でも自分にとって気づきをあたえてくれるものです。
僕が今日得た気づきは「このマンションセキュリティ甘すぎ」
今度住む家はもっとセキュリティのしっかりした家に住みたいと思います。

——————————————————————————————————–

穴があったら入りたい出来事からマンションの欠陥とも言える穴を発見するとは!

ちょっとしたことで大きな発見があるかもしれませんねー

えんとろの公演も今までとは違い大きな発見があるかも!?

以下詳細です。ぜひ見に来て下さい〜〜

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名

「底なし穴」

脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

 

「モラトリアム」

ブログ第六弾はこの人、えんとろ1年生役者のサカイくんだ!

テーマは同じみの「穴」です。どんな話になるのでしょうか!?

それではどうぞ〜〜

——————————————————————————————————–

例えばある一定期のモラトリアムをひとつの穴と捉え、その拍子抜けするほどぽっかりと開かれた穴の始まりから、無感情な冷たさがつま先を絡みとるように滲む穴の底。そこへ足を踏み外したか、何かしらの興味本位で覗いた拍子に落ちてしまったか、原因は問題ではなく今あなたはその穴にハマってしまっているとする。
思想の穴に囚われたあなたは、声を上げて助けを呼ぶのか?穴の壁面に爪を立ててよじ登ろうとするか?結果を受け入れてその穴の中で一生を終えるか?Wi-Fiが来るかを確認してからツイキャスを始めるか?平野レミに関する需要と供給のバランス(恐らく供給過多)を論文にまとめるか?細かすぎて伝わらないモノマネを極めるか?美味しんぼを全111巻(2017年時点)を聖書にしてみるか?なんだかんだでキムタクのモノマネしてる時が1番楽しいんだよなぁ…と、結論付けて一生「チョ待てよ」を口ずさみ続けるか?いっそ高須クリニックに相談してみるか?

穴の底で何をするのも結構。穴だと思っていたものも落ち着いて見ればただの窪みかもしれないし、穴だとさえ気付かずに幻想の現実を受け入れているかもしれない。
ほら、「ゴダール映画も見続ければ萌えアニメ」とか「ディズニーランドで確定申告」って諺もあるぐらいですし!
それに、いまどき思想にも囚われない若者は一生パンケーキでも食ってろ、って勝間和代も言ってましたよ!(たぶん)
…と、話が逸れてしまいましたが…(つД`)ノ
僕が言いたいのは、2016年のベストアルバムは宇多田ヒカルでもsuchmosでもなく、
私立恵比寿中学の「穴空」だということだけです٩( ᐛ )و

といった劇団エントロピー2016年度春公演「底なし穴」是非見に来てください。

——————————————————————————————————-

次回もお楽しみに〜〜

「まゆげ」

ブログ第五弾!次なるブログはこの人だ〜〜〜

衣装メイク担当1女美女のしーちゃんです!

それではどうぞ〜

——————————————————————————————————

こんにちは!今回の公演で衣装メイクを担当致します、16の山本静香です。
私はコスメ愛と「穴」についてお話したいと思います!

えっと、私はお化粧が好きです。
日常メイクから舞台メイク、コスプレメイクまで、守備範囲を広げるべく日々研究してます。最近のマイブームは目の上下に黒と茶色のマスカラを2色使いすることですね。おすすめです。

話は飛びますが化粧品の「穴」ってなんでしょう?

化粧品の「穴」とは、大好きすぎて底が見えるまで使ったコスメ。いわゆる底見えコスメです。アイシャドウ、ファンデーション、チーク、ハイライト。お化粧品といっても色々ありますが、みなさんに紹介したいのは、わたしのこだわり第1位、そう眉毛!笑
大切です。眉毛で顔、だいぶ変わります。(似合う眉毛、提案しますよ!!)

私がやってきたどの役でも使用していて、今回もメイク部門で活躍予定のKATEの眉毛パウダー、デザイニングアイブロウEX-4。文句無しの「穴」見えコスメです!好きです。是非一度試してみてください!(宣伝)

底なし穴、衣装とメイクにも注目してみてくださいね!それでは。

——————————————————————————————————–

さすがメイク担当のしーちゃん、底なし穴での活躍が楽しみですね!!

2月も残すところあと3日で終わってしまうようです。

2月に予約して頂けるともれなく100円引きとなりますのでご予約はお早めに!

以下詳細です。

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名

「底なし穴」

脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

「はまる」

ブログ第四弾はこの人!

役者担当の1年生!期待の新星!それではどうぞ〜〜

—————————————————————————————————-

キャストの尾林と申します。

テーマが「穴」なので、穴に関するエピソードについて話してみましょう。

僕の親の話なのですが、小さい頃に祖母と散歩していたら排水溝の隙間に足を嵌めてしまい、抜き出すのに1時間近くもかかったらしいのです。今でもその話を同じ場所を通る度によく祖母がしてくれます。

物理的な穴でも、スランプとか精神的な意味での穴でも、趣味の世界という名の穴でも、「はまる」となかなか抜け出せないもんですね。

みなさんも穴にハマってみませんか?

——————————————————————————————————

「穴」から「はまる」を発想するとは面白い!

今回の公演も自分を重ねて観ることで「はまる」と思います。

ぜひ見に来て下さい〜以下詳細です。

 

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名

「底なし穴」

脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

「靴下」

さて、ブログ第三弾はこの人。 衣装を担当するかわいい後輩ちゃんです!! テーマは言わずもがな「穴」です。どうぞ!

—————————————————————————————————— こんにちは!今回衣装メイクを担当する岩城智子です。 私は、靴下の穴についてお話しします(笑) 私は私立の高校に通っていたのですが、そこでは靴下もなんと指定のものをはかなければなりませんでした。 そのため、履く靴下は限られ、靴下たちは何回もの洗濯に耐えなければなりませんでした。。 私が当時洗濯好きだったことも影響し、ほぼ毎日洗濯機は回っていました。 そんな日々を過ごした靴下たちは、だんだん穴が開いていきました。 しかも、中学生のときまでは足の親指の方が開いていたのに、高校のときはかかとの部分から開いていきました。 一番びっくりしましたね。 しかも高校の靴下は布が薄い?らしく、穴が開きやすいものだったようです。 それで何回も靴下を買い…お金をたくさん使いました…(笑) この公演は3日間に及ぶので、衣装に穴が開かないことを祈って、私のブログは終えさせていただきたいと思います。 ぜひ観に来てください!

——————————————————————————————————- 靴下って穴空きやすいですよね。わかります。稽古場の人もきっと靴下に穴が空くまで基礎練に励んでいます!そのくらい今回は本気ってことですね。 どんな公演になるのか気になった方、ぜひお越し下さい。お待ちしてます! 以下詳細です。

▶演目名「底なし穴」 脚本 村上航 / 演出 山本希

▶あらすじ

世界の果てには男が一人、

一人で穴を掘っている。

流れてきたのは一人の男、

二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。

そして、この世界が、始まる前の話。

▶出演者

尾林太郎

木村美帆

斎藤悠人

境大軌

芝三奈

隅本裕貴

▶スタッフ

脚本 / 村上航

演出 / 山本希

演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴

舞台監督 / 瀧岡美咲

舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆

音響 / 齋藤大樹・境大軌

照明 / 岡田彬彦・村上航

小道具 / 芝三奈・斎藤悠人

宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴

衣装メイク / 岩城智子・山本静香

制作 / 大川愛梨沙

製作/劇団EnTRoPy

▶タイムテーブル

3月10日(金)18:00~

3月11日(土)13:00~ / 18:00~

3月12日(日)14:00~

*開場は開演の30分前を予定しております。

*上演時間は約90分を予定しております。

▶会場

しもきた空間リバティ

東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス

小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分

▶料金

学生(前売)1200円 (当日)1400円

一般(前売)1400円 (当日)1600円

*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、

前売り価格よりもさらに100円お安くなります!

*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、

チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP

メール:entropy.sfc@gmail.com

ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/

Twitter:@Gekidan_EnTRoPy

Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

「ホットケーキ」

続いてやって参りました、ブログ第二弾!

担当は制作の大川が務めさせて頂きます。

テーマは「穴」。

ぱっと「穴」と言われて、その穴がどこにあることを想定するでしょうか。

例えば道に並ぶマンホールの穴だったり、

壁に空いた穴だったり、服に空いた穴だったり、

雲に飛行機が通って出来た穴だったり、

色々です。

そんな中、私が浮かべた穴はホットケーキの穴です。

小さい頃は混ぜるだけで簡単に作れるホットケーキをよく食べていました。

一度裏面を焼いている時に表に出来る気泡の具合で焼き加減を計りますが

一度表の穴の確認をおろそかにするとすぐ焦げる。

瞬間が大事ですねーー

ふつふつとわき上がる気泡の穴をよく眺めたものです。

今回の公演もきっと瞬間が大事です。3月の10,11,12日しか眺めることが出来ません。

眺めるだけでなく、味わえるのもこの期間だけ!

ぜひお越し下さい〜〜お待ちしてます。

以下詳細です。

——————————————————————————————————-

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名
「底なし穴」
脚本 村上航 / 演出 山本希
▶あらすじ
世界の果てには男が一人、
一人で穴を掘っている。
流れてきたのは一人の男、
二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。
そして、この世界が、始まる前の話。
▶出演者
尾林太郎
木村美帆
斎藤悠人
境大軌
芝三奈
隅本裕貴

▶スタッフ
脚本 / 村上航
演出 / 山本希
演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴
舞台監督 / 瀧岡美咲
舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆
音響 / 齋藤大樹・境大軌
照明 / 岡田彬彦・村上航
小道具 / 芝三奈・斎藤悠人
宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴
衣装メイク / 岩城智子・山本静香
制作 / 大川愛梨沙
製作/劇団EnTRoPy
▶タイムテーブル
3月10日(金)18:00~
3月11日(土)13:00~ / 18:00~
3月12日(日)14:00~
*開場は開演の30分前を予定しております。
*上演時間は約90分を予定しております。
▶会場
しもきた空間リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス
小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分
▶料金
学生(前売)1200円 (当日)1400円
一般(前売)1400円 (当日)1600円
*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、
前売り価格よりもさらに100円お安くなります!
*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、
チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP
メール:entropy.sfc@gmail.com
ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/
Twitter:@Gekidan_EnTRoPy
Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

 

 

 

「虎」

劇団EnTRoPyブログ、本日より始まります〜

お題は「穴」です。

気になるトップバッターはえんとろ代表のあの人!

それではどうぞ!!

 

ブログを任されました総合政策学部2年の瀧岡です!
今回の公演では、舞台監督を務めさせていただいております!
今回のテーマはズバリ「穴」ということで、「穴」というテーマで色々と考えてみました!!
とりあえず、最初に連想したのが、
「虎『穴』に入らずんば虎子を得ず」ということば。
ざーっくりと語彙力を削いで説明しますね。
昔、後漢というところに班超というすごい人がいて、善善という国と同盟を組みたかった。そのためには、班超より先に同盟を組もうとした匈奴を、人数少ないながらに班超たちは倒さなきゃいけなかった。そのときに班超が言ったことばが
「虎穴に入らずんば虎子を得ず」
危険を犯さないと、大きな成果も得られないですよーっていうことですね。
私はとんでもないチキンスキンクソ野郎なので、そんな勇気ある真似はできません(^^)
危険を犯さなくていいから、成果もそこそこで満足するタイプです( ✌’ω’)✌
虎がいるとわかってる「穴」に入るには自分が虎以上である自覚がないとやっぱりはi…(略)
何入ってるかわからないブラックボックスみたいな「穴」なら、好奇心が勝ってしまうかもしれませんが…笑

穴から「虎」を連想した話が出てくるとは、さすが代表。知的で明るい彼女の活躍も期待ですね〜〜

改めまして公演の宣伝です。劇団EnTRoPyは3月に公演を打ちますのでぜひ見に来て下さい!以下詳細です。

————————————————————————————————-

劇団EnTRoPy 2016年度 春公演

▶演目名
「底なし穴」
脚本 村上航 / 演出 山本希
▶あらすじ
世界の果てには男が一人、
一人で穴を掘っている。
流れてきたのは一人の男、
二人は話を紡ぎ始める。

これからするのは昔の話。

この世界が終わる前の話。
そして、この世界が、始まる前の話。
▶出演者
尾林太郎
木村美帆
斎藤悠人
境大軌
芝三奈
隅本裕貴

▶スタッフ
脚本 / 村上航
演出 / 山本希
演出助手 / 田村重人・斎藤悠人・隅本裕貴
舞台監督 / 瀧岡美咲
舞台美術 / 加藤真央・尾林太郎・木村美帆
音響 / 齋藤大樹・境大軌
照明 / 岡田彬彦・村上航
小道具 / 芝三奈・斎藤悠人
宣伝美術 / 頃末龍・隅本裕貴
衣装メイク / 岩城智子・山本静香
制作 / 大川愛梨沙
製作/劇団EnTRoPy
▶タイムテーブル
3月10日(金)18:00~
3月11日(土)13:00~ / 18:00~
3月12日(日)14:00~
*開場は開演の30分前を予定しております。
*上演時間は約90分を予定しております。
▶会場
しもきた空間リバティ
東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル3F

▶アクセス
小田急線・井の頭線 下北沢駅南口より徒歩1分
▶料金
学生(前売)1200円 (当日)1400円
一般(前売)1400円 (当日)1600円
*【早割企画】2月中に予約してくださった方は、
前売り価格よりもさらに100円お安くなります!
*【EM割引実施!】同時期に上演予定のEMステージ「飾るな、磨け」をご覧になり、
チケットを持参いただいたお客様にはさらに当日100円割り引かせていただきます!

▶予約URL

https://ticket.corich.jp/apply/81365/

▶お問い合わせ・HP
メール:entropy.sfc@gmail.com
ホームページ:https://entropy.sfc.keio.ac.jp/www/
Twitter:@Gekidan_EnTRoPy
Facebookページ:https://www.facebook.com/GekidanEnTRoPy/

—————————————————————————————————-

次回もお楽しみに〜